メール

英文メール作成のコツ③:書き出しは定型句を暗記でOK!

毎日英文メールを作っている

ビジネスの場における英文メールのポイントを抑えた記事を作成しています。

第三弾は「書き出しの作成方法」を記事にしていきます。

こんな方にオススメです。

  • 英文メールを作成するのが不安
  • 書き出しって何をかけばいいの?
  • どこまで書いた方がいいの?

失礼にならないよう正しくルールを覚えておきましょう!

えいま
えいま
書き出しは表現を覚えて、悩まないようにしましょう!
英文メールで書き出しを作成するコツ
  1.  日本語的発想をなくそう!
  2.  書き出し表現は記憶すべし!
  3. 書き出し無しでもOK!

英文メール「書き出し」①
日本語的発想をなくそう!

日本語的なメールと言えば、これ…

平素は大変お世話になっております。
英馬物産のえいまと申します。ブロガーを担当しております。

日本でメールをやり取りするときは必ずこういう文言を入れると思いますが、海外とのやり取りでは不要です。

日本語的発想から英文メールを作ろうとしてはいけません。

「お世話になります」は英語表現ではありません。

のように、英語には無い表現をいくら考えても無駄ですし、受け取った相手も困惑してしまいます…

そのため、書き出しは英語的表現を覚えるのが良いです。

スムーズに書けるようにしておきましょう!

英文メール「書き出し」②
書き出し表現は記憶すべし!

よって、書き出しは定型句を覚えてください。

これらの表現を覚えておけば、書き出しは何とかなります。

えいま
えいま
とくに「Thank you for your email」は良く使います。

メールを送ってくれたことに感謝するとき

Thank you for your email.「メールをありがとうございます。」

迅速な返答に対して感謝する時

Many thanks for your prompt response.「早速の返答ありがとうございます。」

何のメールかを伝えたいとき

This is to inform you ~「このメールは~に対してお伝えするものです。」

グッドニュースを伝えたいとき

I’m delighted to inform you that ~「~についてお伝え致します。」

be delighted to ~「喜んで~する」
ポジティブな内容のメールを送るときに入れておくとGOOD

あるメールに対して返事をするとき

I’m writing with reference to my/your email dated **「**付けのメールに対してメールを送っています。」

I’m writing with reference to **「**に関する内容のメールを送ります。」

返答が遅くなったとき

Sorry for the/my late reply.「返事が遅くなり申し訳ございません。」

もっと深刻な場合にはこちらを使いましょう。

I sincerely apologize for the/my late reply.「返事が遅くなり大変申し訳ございません。」

添付を送ったとき

Please find attached ~「添付の~をご覧ください」

トラブルが発生したとき

I’m so sorry to trouble you, but ~「大変ご迷惑をおかけしておりますが、~」

英文メール「書き出し」③
書き出し無しでもOK!

ここまで「覚えておけ!」と言っておきながら何なんですが…最終的に書き出しは無くてもOKです。

いきなり用件から入っても問題はありません。

ただし初めての相手だったり、迷惑をかけていたりする場合は「一言」だけでも入れておくのが吉ですが…

最後に

書き出しに関しては相手が受け取ったときに「気持ちよくなってくれるかどうか」が重要で、無くても特段問題はありません。

ただし、メールを送ってくれた事に対して「Thank you for your email.」ぐらいはあっても良いと思います。

えいま
えいま
書き出しは覚えちゃえば、10秒ぐらいで書き終わりますね。
~就活生は登録必須~
OB訪問なら
ビズリーチ・キャンパス

≪登録は簡単!クリック!≫

ES/面接突破方法なら
「就活ノート」

≪登録は簡単!クリック!≫