注文住宅

夢の注文住宅|住宅展示場で「出来る営業マン」を見極める3つのポイント

おそらく20回は住宅展示場に遊びに行っていたえいま(@eiuma303です。

 

注文住宅を検討しているそこのあなた!!

注文住宅を購入するときの最後の決め手は何ですか?

  • 価格ですか?
  • 性能ですか?
  • 知名度ですか?
  • 営業マンですか?

 

質問を変えてみますね。

2社、3社比較して価格も性能も知名度もほぼ同じだったら、どうしますか?

えいま
えいま
私の決め手は営業マンでした!
この人なら最後まで信じられるかなって思えたのです。

じゃあ、どっちの営業マンにするかどう決めますか?

  • 相性ですか?
  • 清潔感ですか?
  • ベテラン感ですか?

 

営業マンをずっとやってきているからこそ、私は業マンの心理が分かります。

 

そこで住宅展示場にいる出来る営業マンの見極め方をお伝えします。

出来る営業マンにはいくつかの共通点があります。

 

営業マンは30分で何を話すか?

展示場に入ったときに営業マンに必ずこう言ってみましょう。

えいま
えいま
30分しか時間が無いので…

30分で営業マンが何を言うかを観察しましょう!

30分だと、営業マンもそのお客は「ひやかし」と思うはずです。

その「ひやかし」と思われる相手に真摯に話ができているかが重要です。

 

そのため、30分でしっかりと言える営業マンであれば「当たり」です。

 

さらに

一日中、数日間も住宅展示場にいられるのであれば問題ありませんが…

えいま
えいま
しかし、そこまであなたも暇ではありませんよね?

たくさんハウスメーカーや工務店が展示されているので、出来ればたくさん見ておきたいですよね!

1つ1つに1時間2時間かけていたら、1日で2社か3社ぐらいしか観れませんよね…

 

さて、出来る営業マンの条件を書いていきます!

 

①相手のライフプランを聞いているか

営業マン
営業マン
うちの会社は…、性能が…、耐震性が…、サポートが…

基本的に自分のとこの説明ばかりで終わっちゃう営業マンは避けた方が良いです。

 

なぜか?

だって、私達は家を観にきてるわけではありません。

家族との未来を買いに来ているんですよ?

いきなり、家の耐震性やサポートや性能だけでを聞いて何が分かるんですか?

もちろん、話が進むにつれて説明を受ける必要はありますが、初めて会ったお客様の要望を聞かずに何を売るんですか?って話です。

 

つまり、

あなたの営業マンはしっかりとライフプランを聞いてくれていますか?

私についてくれた営業マンはライフプランを事細かに聞いてくれました。

営業マン
営業マン
いつ頃家を建てる予定?子供は何人希望するの?車は?どんな家にしたい?

家はそういう情報が集まってできるものだと思います。

お金や性能や知名度だけで家を建てる人はいないですよね?

 

②悪い所もちゃんと伝えてあるか?


自分の商品をお客様に進めるんですから、基本的に良い所しか言いたくないのが営業マンの「性(さが)」です。

 

なぜか?

売上を上げたいからです。

売上が無くて焦っているんです。

「デメリットを言って離れてしまうお客様がいるのでは?」と思って言えないのです。

そういう営業マンは自分勝手な営業マンということです。

話が進んでも、間取りを決めたり金額を決めたりするときにうまくいかないでしょう。

 

しっかりと短所を伝えられる営業マンはすごいと思います。

 

例えばこんな営業マンが居ました。

営業マン
営業マン
あそこのメーカーは○○がダメで、でもうちのところは大丈夫ですよ!

というネガティブキャンペーン丸出しの営業マン。

まぁ、私は嫌いじゃないですけどね(笑)

ネガティブキャンペーンをしていると売上に焦っている営業マンの可能性が高いので避ける方が良いでしょう。

 

③相手の要望をしっかりと汲み取れているか

2階にトイレが必要、WICが欲しいとの要望に対して、それがまったく更新されていなかったら?

前回の打ち合わせの要望をしっかりと汲み取れているかどうか、もし汲み取れていないようであれば、これからの打ち合わせがすごい不安ですよね。

 

私たちの要望が汲み取れていない証拠なので、出来ない営業マンの可能性が高いです。

要望を汲み取れる、過去の打ち合わせの発言を覚えている営業マンは出来る営業マンです。

 

④建物だけではない諸経費も考慮してくれる

営業マン
営業マン
予算は3000万円ですか…土地が60坪だと考えると外構費用や諸経費、それに新しい家電家具を買うと考えると建物に使える金額はこれくらいですね…

予算に対して、建物代だけしか考慮できない営業マンは避けた方が良いでしょう。

大体の人が家を建てるのは初めてだと思います。

初めてだからこそ、家にどのくらいかかるのかわかっていません。

にも関わらず予算に対して、建物代だけしか考慮しない営業マンは無能と言わざるを得ません。

典型的なダメパターンが当初3000万と言っていたのに、話が進むにつれて金額が上がってしまって、住宅ローンが苦しくなった、という。

 

また見積もりは必ず相見積もりを取るようにしましょう。

一度の入力で複数のハウスメーカーと工務店に資料請求ができるサイトがオススメです!


このサイトでハウスメーカー・工務店を比較して自分に合う住宅メーカーを見つけましょう!

 

また地域の優良工務店が探せる【ハウジングバザール】もオススメです。

注文住宅の施工事例や家づくりのコンテンツも閲覧できます。

家づくりの知識や資金計画と豊富なコンテンツが魅力です!



 

最後に

いかがだったでしょうか。

あなたの営業マンはどうですか?

注文住宅で良かったなと思えるかどうかは営業マンにかかっていると言っても過言ではありません。

そんな営業マンが自分勝手な営業マンだったらどうですか?

私は嫌ですね。

 

なので、これらに気を付けて、出来る営業マンを見つけてください!

それがあなたにとって素晴らしいマイホームライフを過ごせるひとつの条件となることでしょう。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!

他にはこんな記事も書いていますので、興味あればどうぞ!

住宅ローンの効果的なシミュレーション方法は?年収とボーナス払いを考える!無謀にも20代で注文住宅を購入しちゃったえいま(@eiuma303)です! 現在3300万円のローンを抱えていますが幸せです。 ...
20代で家を購入するメリットとデメリットを20代で家を購入した私が詳しく対策付きで解説!無謀にも20代で家を購入したえいま(@eiuma303)です。 20代のあなたは家を購入するうえでこんな悩みを持っていませんか?...
20代で家を購入!気になる住宅購入者の年齢は?年収は?頭金は?どうも。無謀にも20代で家を購入したえいま(@eiuma303)です。 マイホームを購入することって人生で一度あるかないかだと思い...