新入社員必見記事

新入社員や若手社員が鬱にならないために!自分の成長を実感しよう!

Guten Tag!
現役商社マンのえいま(@eiuma303)です。

新入社員や若手社員が鬱になりやすい原因のひとつに

自分の成長を実感できず、上司から注意されて自分を追い込んでしまうことがあります。

じゃあ、そうならないためにどうしたらいいのか?

えいま
えいま
先輩や上司に怒られまくって自分はまったく成長していないなと思うときありませんか?そんなことはありません。あなたは確実に成長しています。気付いていないだけなのです。

自分の成長に気付いていないパターンがほとんどです。

しかし、退社前と出社前にあることをすることで自分の成長に気付くことができます。

それは振り返り日記をつけることです。

えいま
えいま
幼い頃日記を書いていた方も多いのではないでしょうか。その日記が社会人になって大きな力を発揮します。

日記を書く意味は成長のため

なぜこんなことをしないと行けないのかと思っているあなた。

日記を書き読み返すことで自分の成長度合いを知り、次に繋げるためです。

日記は成長度合いを確認するため

将来、あなたが仕事でつまづいたとき、この振り返り日記を読み返すことで自分が出来たこと出来なかったこと、そしてそれらの理由を知ることができるようになります。

さらに、私にはこんなことができるようになっていたんだと成長を感じるようになります。

そのためにも日記を書く必要があるのです。

振り返り日記で今日の出来事をフィードバック!

書くタイミングと読むタイミング

書くタイミングは退社前もしくは帰宅中をオススメします。

家に着いてからだと十中八九できません。

また、家では仕事のことは忘れて映画を見るなりゲームをするなり、プライベートのことを大切にしてください。

そして読むタイミングは出社前もしくは出社中をオススメします。

会社に着いてからだと先輩や上司から仕事を指示され、読むタイミングを失います。

内容は主に3つを書くこと

日記風に書くのではなく箇条書きでまとめてみてください。

また、出来た理由、出来なかった理由も合わせて書くことも重要です。

こんな感じでメモをしてみましょう。

  1. 出来たこと:理由
  2. 出来なかったこと:理由
  3. 明日やりたいこと

書く内容は本当に何でも良いです。

・電話を10回取り次いだ / 電話に出れなかった
・噛まずに言えた / 言えなかった
・上司にしっかりとホウレンソウが出来た / 出来なかった
・プレゼンがうまくいった / いかなかった
・先輩に褒められた / 怒られた

なぜ出来たのか、なぜ出来なかったのかを自己分析してみてください。

最初の頃は「何となく出来た」でも良いのです。

いづれ、パズルのように「何となく」の意味を知ることになると思います。

まずは理由を自分なりに考えることが大事です。

えいまのオススメする道具(アプリ)と書き方

<オススメ道具>
書きたい人:めっちゃ小さいメモ帳(スーツの胸ポケットに入るサイズ)
スマホでメモしたい人:瞬間日記

<メモの内容>

  1. 日付
  2. 今日出来たこととその理由
  3. 今日出来なかったこととその理由
  4. 明日やりたいこと

オススメ道具

めっちゃ小さいメモ帳

胸ポケットに入るぐらいのサイズが良いです。

基本的に書く内容は少ないと思いますし、いつでも読み返せるように持ち歩けるのが良いです。

ただ、無くすと厄介なので、スーツのボタン付きのポケットに入れることをオススメします。

瞬間日記

「瞬間日記」というアプリがオススメです。

<メリット>
・見やすさ
・可愛い絵文字や背景
・スタンプ

日記の日付やタイトルをクリックしないと中身が見れない他の日記とは違い、下図のようにすべてが表示されるので前後の日にちで比較することが簡単です。

 

Google Playはこちら:瞬間日記
Apple Storeはこちら:瞬間日記

日付

読み返したときにいつの話だったかが分かるように。

アプリであれば気にする必要はないですね。

今日出来たこととその理由

出来たことを箇条書きし、なぜ出来たのか理由を考えます。

理由を考えて、書くことで、次同じようなことが起きたときに、対応がしやすくなります。

もし、同じことをしても出来なかったら、新しいやりかたを考え直すようになります

私の場合は理由を★マークで表しています。

今日出来なかったこととその理由

出来たこととやることは同じです。
なぜ出来なかったのかを考えることで次に繋げることができます。

私の場合は理由を★マークで表しています。

明日やりたいこと

明日はこんなことに挑戦してみようと思うことを書きます。

出来なくても落ち込むことはありません。

挑戦をすることが重要です。

まとめ

日々の活動を振り返ることは社会人にとって大切な行動です。

日々の業務が忙しく、振り返ることが出来なくなると

自分を見失いやすく、モチベーションの低下にもつながります。

そしてそれが悪化すれば鬱になるかもしれません。

最初は軽い気持ちで、日記感覚でつけてみてください。

この日記を繰り返しやることで、体と頭が覚え、常に何かが起きたときに「考えられる頭」になります。

今の会社でも転職先の会社でもフリーライターでも何でもどこでも考えることができる頭というのは自分の力になってくれること間違いなしです。

えいま
えいま
私がホワイト企業で働いても鬱になりかけた話はこちらから。まさに自分の成長を実感できなかった=モチベーション低下が原因です。
鬱は甘えじゃない!ホワイト企業に就職したけど鬱になりかけた話ホワイト企業に入れば人生バラ色だと思っていませんか?ホワイト企業に入ったからといって安泰とは言えません。私が実際にホワイト企業に入って鬱になりかけた話をまとめてみました。原因は3点あります。どうぞご覧ください。...
うつ病|ホワイト企業で鬱になりかけて回復のために心がけた3つのことこのページを開いて頂きありがとうございます。 ホワイト企業で働いているえいま(@eiuma303)です! 鬱になりかけたけど復活...

最後まで読んでくださってありがとうございました!

ABOUT ME
えいま
ホワイト企業で働くサラリーマンブロガー。20代サラリーマンのための情報サイトを運営。 ホワイト企業で働きながらも過去に鬱になりかけた経験あり。①20代サラリーマン向けの仕事術②20代で家を購入した経験③仕事のストレスを発散できる趣味④夫婦円満の秘訣⑤内定8社獲得実績の内定獲得方法、の5本立て。