商社内定の極意

就活の極意|現役商社マンが考える「商社に向いている人」の特徴

現役商社マンのえいま(@eiuma303)です。

就活生のあなたは商社を受けるときにこんなことに悩んでいませんか?

商社志望の就活生が悩んでいること

  • 英語ができないといけないのかな?
  • 学歴が無いといけないのかな?
  • 留学経験があった方がいいのかな?
  • リア充が多いイメージだけど…
  • どんな人が商社に求められているかな?

つまり、商社に向いている人ってどんな人なんだろう?

私も就活生のときにいろいろな悩みがあり、内定をもらうまでずっと不安でした。

しかし、商社から内定を獲得して、実際に勤務したことで、活躍している人の特徴には共通点があることが分かりました。つまり商社の人事はこういうことが出来る可能性を持った就活生を望んでいるということが分かったのです。

これらの特徴を持っている人、もしくは就活までに伸ばせられる人が商社から内定を獲得できる可能性があります。

以下の5つが商社に向いている人の特徴です。

商社に向いている人の特徴
  1. 英語を扱うことが苦痛ではない
  2. いろんなことを経験してみたい
  3. コミュニケーションが上手く出来る
  4. 全ての行動に対して疑問が持てる
  5. ホスピタリティを持っている

1つでも当てはまるものはありましたか?

これらのポイントについて「就活生のトニー」と一緒に詳しく述べていきたいと思います。

就活生のトニー
就活生のトニー
私も商社志望です!一緒に不安を解消していこう!!
あわせて読みたい
商社内定のコツを教えます。大学時代でやっておいた方がいいこと4つ!商社の内定を獲得したいと思っている大学生の皆さん! リクルートスーツを着てからが就活ではありません! すでに大学に入ったとき...

①英語を扱うことが苦痛ではない

就活生のトニー
就活生のトニー
英語はやっぱりできないといけませんか?
えいま
えいま
TOEICは最低限必要ではあるけど、英語が出来ない人も多いから臆することはないよ。 

OB訪問やリクルート面談をしていると必ずといっていいほど聞かれる質問です。

毎日英語を使うので、英語を苦痛だと思うと、長続きしません。英語が苦手で「頑張って英語を覚えようとする人」「頑張って英語を話そうとする人」が商社に向いています。

商社では毎日英語でメールのやり取りをし、英語で電話をし、英語で会議をします。「だったら英語が得意な方がいいじゃん!」って思うかもしれませんが、英語が得意だからといって商社に受かるというわけではありません。

就活生のトニー
就活生のトニー
え、つまりどういうことですか?

英語なんて内定後からでも充分間に合います。先程も説明したように、「頑張って習得しようとする気持ち」があれば問題ありません。

英語が出来ることよりも英語を扱った業務に苦痛を感じるかどうかが内定の分かれ道になります。毎日英語を使うのが嫌だ、不安だと思う人は、もし商社に入れても営業は難しいと思います。

ただし、総合商社ではTOEICの点数で足きりがあります。例えばTOEIC730点以上必須など…(体育会系などは不問です)
そのため、TOEICは点数を取っておく必要はあります。このTOEICの点数を取ることが苦痛だと、商社に入っても難しいかもしれません…

TOEICの点数が低くて不安な方は「TOEICを短期間で点数を上げる方法」を書いていますので参考にしてみてください。

あわせて読みたい
目指せTOEIC700点超え|商社マンが教える「短期間で点数を上げて商社に入る」方法毎月のように海外出張で世界を飛び回っている商社マンの私が教える「短期間でTOEICを上げられる」方法を紹介していきます。 まず最初...

②いろんなことを経験してみたい(好奇心旺盛)

就活生のトニー
就活生のトニー
高学歴じゃないと受かりませんか?
えいま
えいま
総合商社は基本的に学歴を重視している傾向にあるけど、「高学歴だから受かる」「低学歴だから落ちる」ということはないよ。

彼のように学歴を大変気にしている就活生は多いですが、事実として商社には高学歴が多く在籍しています。

なぜだと思いますか?

商社を志望する人はSPI等を受けさせられます。。SPI等の足切りの閾値が他の企業に比べて高いです。つまり、高学歴レベルの知識や地頭がないとそこで落ちてしまうケースが多いです。だから、必然的に「高学歴の内定者が多い」という結果になっているだけです。

足切りされないために就活前にやっておくべきことはこの記事でまとめています。

あわせて読みたい
商社内定のコツ|足切りされないために就活前に準備しておくべきこと!どうも!商社勤務のえいま(@eiuma303)です。 商社の内定を獲得したいと思っている大学生の皆さん! 今回は、就活前に準...

ここで何度も伝えたいのは学歴はそこまで重要ではないということです。なぜなら有名じゃない大学出身の人も多くいるからです。すごい能力を持っていたり、大学時代にすごい経験をしてたりします。

あなたは毎日バイトばかりで、何か考えて行動したことはありますか?

参考|こんな経験をしていた同期

  • ドバイに2週間滞在している間に富豪と友達になった
  • 大学時代はダンスサークルに没頭、気づいたら全国大会に出場してた
  • 高校時代に高校サッカーで全国出場して2ゴールあげた
  • 小中高とスウェーデンに居てスウェーデン語が日本語よりうまい
  • 大学時代に交通事故にあって生死をさまよった

東大だから受かりやすいとか、慶應だから受かりやすいとかそんなことは絶対にありえません。

いろんなことに興味を持って、いろんなことを経験してみたいと思う人は商社に向いています。

後述しますが、商社がいろんな商材を扱っていて、自主性のある人を好む傾向にあるからです。

・学歴よりも大学時代にどういった経験をして、どういったことを学んだのかが重要。
・足切りされないためにもSPIやTOEICの点数は確実にとっておこう。

③コミュニケーションが上手(ホウレンソウ)

就活生のトニー
就活生のトニー
商社ってイケイケな人が多いイメージですが…私みたいな根暗でもやっていけますか?
えいま
えいま
ホウレンソウが社内・社外問わずしっかりと出来る人であれば問題ありません。

イケイケな人というよりはコミュニケーションに長けている人が多いです。根暗でもしっかりと上司にホウレンソウが出来ている人がいます。そういう人はやはり信頼されています。

コミュニケーション力が必要なのはなぜでしょうか?

理由は大きく3つあります。

必要な理由
  1. 商社は様々なタイプの人間と関わるから
  2. 商社の営業は「交渉力」が求められるから
  3. 飲み会や接待が多いから

⑴商社は様々なタイプの人間と関わるから

商社は仕事柄「様々な業種、職種の人」と関わってきます。

商社のイメージとしては「買いたい人」と「売りたい人」の仲介役ですが、それに加えて法律や物流、貿易、品質、 カスタマーサービスといろんな部署との関わりが出てきます。

詳しく知りたい方は「総合商社と専門商社の違いについて」をどうぞ。

⑵商社の営業は「交渉力」が求められるから

買いたい人は安く買いたいし、売りたい人は高く売りたいというのが普通ですよね。

その間で調整をするのが商社です。調整するためには「交渉力=コミュニケーション力」がとても重要になります。

⑶飲み会や接待が多いから

商社は飲み会があってなんぼです。ほぼ毎日のように飲みますし、接待も盛んに開かれます。

就活生のトニー
就活生のトニー
お酒があまり強くなくて飲めないんですが…

安心してください。飲めなくても問題はありません。最近はアルコールハラスメントなどは少なくなってきています。大手総合商社にもなれば、コンプライアンスが厳しくなってきていますので、無理やり飲ませるということは少ないです。

飲めなくても問題ありませんが、酔っ払いのノリに合わせる力は必要になってきます…

飲み会がすごく苦手な人はちょっと厳しい毎日が訪れるかもしれません。

えいま
えいま
そんな私も飲み会はあまり好きではありません…

ちまちまと、ゆっくりと飲みたい派です。

コミュニケーション力がある=ホウレンソウがしっかりできる

④行動に対して疑問が持てる(自主性)

就活生のトニー
就活生のトニー
商社は成長できる環境だと思っています。

就活生トニーのイメージ通り、商社では成長できる環境が整っています。

しかし、ただ漠然と成長したいなと思っているだけでは意味がありません

えいま
えいま
いろんな業務に対して「なんでだろう?」と疑問に思い続けることが必要です。

なぜ疑問を感じる必要があるのでしょうか。

必要な理由
  1. 仕事が激務過ぎて業務改善がどんどん求められるから
  2. 商社の仕事は市場予測できる力が必要だから

⑴仕事が激務過ぎて業務改善がどんどん求められるから

就活生のトニー
就活生のトニー
商社ってやっぱり激務ですか?
えいま
えいま
激務です。しかし、飲食店に比べたら楽だと思います。

座ってパソコンやったり、外国企業と電話会議したり、肉体的疲労はあまりありません。資料作りや業績分析、外国企業とのやり取りで夜遅くまでやることが多いです。

激務であるがゆえに業務効率が悪いと仕事が回らないです。

そのため、就活生に伝えているのは

えいま
えいま
日々の業務の中で、何をしたら効率よく仕事が回せるかなと考えていく必要がある。
それを大学で経験したことを元にして、面接で話すといいよ。

どうしたら業務がうまくいくかを考え、実際にアクション出来る人は商社に向いています。私も日々業務改善に向けて頭を使っています。

そのときに学んだことをまとめています。パソコンスキルを上げたい人はまずは「パソコンスキルの基礎中の基礎」をご覧ください。

⑵商社の仕事は市場予測できる力が必要だから

総合商社も専門商社も今後の市場がどうなっていくのか理解する必要があります。詳しくはこちらの記事をどうぞ。

市場の動向に合わせて何を売ればいいのか、今後どういったモノが必要になってくるのか…それらを常に意識して知っていく必要があります。

そのため、自主性があり、自ら何でも知りたがるような人が商社にすごく向いています。

漠然と成長したいなーと受動的な人間よりも、私はこう成長したい!と能動的な人間が好まれます。

⑤ホスピタリティを持っている

ホスピタリティとは「おもてなし」という意味です。つまり、誠実に実直に業務を遂行する人が商社にすごく向いています。

必要な理由
  1. 商社は信用度が重要だから
  2. 周りの人間と協力していくことが大事だから

⑴商社は信用度が重要だから

皆さんはネットでモノを購入するとき、よくわからない業者からモノを買いますか?きっとアマゾンや楽天から購入してると思います。

それは信用があるからです。商社も同じで、信用度が高いと仲介役としてプラスです。お客さんも信用度のあるところと取引したいのが普通です。

じゃあ信用ってどうやって獲得できるものでしょうか?

  • 期日を守る
  • 都度進捗を確認する
  • わかりやすい内容にまとめる
  • どんなときでも感謝

これらはすべてホスピタリティに通じるものだと思います。

そのため、就活生や大学3年生に伝えているのは

えいま
えいま
どうしたら相手が気持ちよく仕事をしてくれるかを考えて。 

⑵周りの人間と協力していくことが大事だから

前述したように、商社の営業はいろんな人と関わりがあります。

その人達が仕事しやすいようにアレンジしてあげるのが私達の仕事です。自分が楽したいから、他の人の仕事を増やすようなことをする人は商社に向いていません。

誠実に実直に業務を遂行する人

最後に

就活生のトニー
就活生のトニー
なんか私でもやれそうな気がしました!頑張ります!

これらのどれか1つでも該当するのであれば商社で頑張ってみるのもいいと思います!

あわせて読みたい
商社内定のコツを教えます。大学時代でやっておいた方がいいこと4つ!商社の内定を獲得したいと思っている大学生の皆さん! リクルートスーツを着てからが就活ではありません! すでに大学に入ったとき...
あわせて読みたい
就活の参考に!現役商社マンが総合商社を選んだ理由Guten Tag! 商社マンのえいま(@eiuma303)です。 こんな悩みをお持ちのあなたのために現役商社マンの私が商社を選...
あわせて読みたい
商社内定のコツ|総合商社と専門商社の違い&商社とメーカーの違いを知ろう!(商社の業界分析)ぐーてんたーく!! 内定8社獲得した現役商社マンのえいまです。 おそらくこのページを開いたあなたは就活で総合商社や専門商社に興味...