ホワイト企業

ホワイト企業の特徴を8つ紹介!就活の参考にどうぞ!

あなたにとってホワイト企業ってなんですか?

  • 残業が無いことですか?
  • 給料が高いことですか?
  • 福利厚生があることですか?

ホワイト企業で働いているからこそ感じたホワイト企業の特徴を8つ紹介します。

とりあえず、この8つがホワイト企業の最低条件だと思います。

ここから1つでも当てはまってなければ、ホワイト企業とは言えないです。

最後に「チェックリスト」を作成しましたので、就活の参考にどうぞ!

年収が平均年収よりも高い

あなたの志望する企業の年収は高いですか?

「年収が低くてもホワイト企業!」という特徴をあげている某就職サイトをよく見ますが…

そもそも年収が低い企業がホワイト企業なわけがありません!

  • 月たったの手取り15万しか貰えなくて、良い生活ができますか?
  • 家賃2万か3万の賃貸で暮らすんですか?
  • そんな金額で文化的な生活が出来るんですか?
  • 毎日節約節約で生き辛くありませんか?

ホワイト企業は「年収が高いこと」が最低条件だと思っています。

じゃあどこから年収が高いの?という話ですが…そこは難しいところです。

人によって満足する年収は違いますから…

えいま
えいま
 平均年収よりも1.5倍ぐらい高いと「年収が高い」となると思ってます。

全国の平均年収が420万円ですから、企業の平均年収が630万円以上あればホワイト企業だと思います。

年収が分かる簡単な方法は四季報をご覧ください。

created by Rinker
¥2,060
(2018/08/20 06:10:51時点 Amazon調べ-詳細)

残業や休日出勤の管理が徹底

あなたの志望する企業はみなし残業制ではないですよね?

ブラック企業の特徴として「残業が多い」「サービス残業がある」などがあげられますが、ホワイト企業は万が一残業があっても管理が徹底されています。

私の企業では1分単位で残業時間が管理されていますし、休日出勤は許可が無いとできません。

「みなし残業45時間で10万が給料に入ってます」という条件は要注意です。45時間以上働いても残業が出ないことが多いからです。

えいま
えいま
みなし残業制をとっている企業は気を付けましょう。

休みがたくさんある

あなたの志望する企業は完全週休二日制ですか?

「土日祝が休み」もしくは、土日休みじゃなくても「週に2回は必ず休めて、祝日の代わりに有給消化せず月1で休める日」があることです。

「週休二日制」っていう言葉がなぜあるのか疑問です。

すべての企業が「完全週休2日制」を取るべきと私は思いますが、週休2日制があるのは法律で決まっているから無理でしょうね…週に1日以上は労働者を休めなさい、月に1回は週2日休めなさいというあほみたいな法律が…

えいま
えいま
ちなみに私の企業は年間で130日以上は休みがあります。お盆は9連休、年末年始は長いときは12連休とかありました。

福利厚生がある

あなたの志望する企業にどんな福利厚生がありますか?

有名企業になると様々な福利厚生があります。

住宅手当や通勤手当もその一つですね。

例えば、年収が低くみえても、手当を含めたら120万UPなどざらにあります。

企業が提示する年収が手当込みなのかどうか知る必要がありますね。

  1. A企業
    ・年収350万円
    ・住宅・交通費別=120万円
    =実質年収470万円
  2. B企業
    ・年収450万円
    ・住宅・交通費込み
    =実質年収450万円

A企業の年収が350万、B企業が450万円だったとしても、A企業には手当が入っておらず、B企業には手当が入っているということも普通にあります。つまり上記のように実質年収が変わることもありますので、要注意ですね。

また旅行やレジャー施設が安くなる福利厚生もあります。

えいま
えいま
私の企業だと某レジャー施設が格安で行けたり、某会員制ホテルに格安で泊まれたり…などいくつか得する福利厚生があります。

女性が活躍できる

あなたの志望する企業は女性管理職はいますか?

大企業になると昔の文化が残っていて、男が総合職、女が一般職みたいな固定観念が未だに上の人間が持っています。

役職に就けるのも男だけという企業もざらにあります。

しかし、本当のホワイト企業は女性も活躍できる場がしっかりと整っている、もしくはこれから目指していく企業であるといえます。

えいま
えいま
志望する企業がどんな企業を目指しているのかをしっかりと把握しておきましょう。

人材採用や教育に力を入れている

あなたの志望する企業はどんな教育方針がありますか?

人材は宝です。

ブラック企業は人材を宝ではなく、経費と思っています。

経費なので、どんどん「経費=給料や残業代」を削りますし、人材がダメになれば新しい人材を補強すればいいという考えがあります。

しかし、真のホワイト企業は違います。

人材は宝なので、どんな人材だろうと将来の資産に慣れるように教育をします。優秀な人材が辞めていかないようにあの手この手を使って退職しないようにします。

なので、待遇が良いんですよ。

えいま
えいま
私の企業はOJT制度を設けており、1年目のときにみっちり教育を受けました。

副業が禁止されていない

あなたの志望する企業は副業を禁止していますか?

「副業解禁」という流れの中、副業を禁止している企業はブラック企業といえるでしょう。

今や、副業OKがホワイト企業の特徴の1つといえます。

ただし、副業OKの企業でも条件があるので気を付けてくださいね。

例えば、機密情報を流出してしまうような副業や、本業に悪影響が出る副業などです。

人間関係が良い=風当りが良い

あなたの志望する企業の風土はどんな感じですか?

さて、ここが一番重要だと思います。

今まで述べてきた特徴はあくまで大前提です。企業として当然あるべき姿ですからね。

どんなに待遇の良い企業に行けたとしても、人間関係が良くないとうまくいかないと思います。

こればっかりは、入ってみないとわからないことなので、大変難しい特徴だと思います。

これまでのポイントが全て当てはまっている企業で働いていても気づいたら鬱になりかけていることもあるんですよ!

あわせて読みたい
うつ病|鬱は甘えじゃない!ホワイト企業に就職したけど鬱になりかけた話ホワイト企業に入れば人生バラ色だと思っていませんか?ホワイト企業に入ったからといって安泰とは言えません。私が実際にホワイト企業に入って鬱になりかけた話をまとめてみました。原因は3点あります。どうぞご覧ください。...

今は復活して何とか仕事できていますが、当時は苦しかったですね~。

最後に

あなたの志望する企業はどうでしたか?

すべて当てはまっていましたか?

チェックリストを作りましたので、参考にしてみてくださいね。

あなたの志望する企業は…

  1. 年収は高いですか?
  2. みなし残業制ではないですよね?
  3. 完全週休二日制ですか?
  4. どんな福利厚生がありますか?
  5. 女性管理職はいますか?
  6. どんな教育方針がありますか?
  7. 副業を禁止していますか?
  8. 風土はどんな感じですか?

最後まで読んでくれてありがとうございました。

あなたにとって素晴らしい社会人ライフが来ることを祈っています。